熊本観光・熊本旅行・熊本在住の方に役立つ地元のディープな情報をてれーっとお届け!

知識 行政/産業

熊本の阿蘇山は「世界一大きなカルデラ」じゃなかった!日本一でもなかった問題

2016年1月11日

スポンサードリンク

熊本に観光や旅行で来た時に必ず「見たい」と言われる場所の1つに阿蘇山がある。阿蘇山と言えば『世界一のカルデラ』として有名だ。カルデラとは、火山の爆発によってできた凹地のことで、スペイン語で釜や鍋という意味のcalderaという言葉が由来だそうだ。『熊本県阿蘇山のカルデラは世界一大きい』と学校で習った覚えがある。もちろん熊本県民も『阿蘇は世界一の山だ』と信じている人がほとんどだ。しかし、改めて阿蘇山を調べてみると、意外な事実が判明した!

出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/212985/spot/275223/

熊本の阿蘇山は『世界一大きなカルデラ』ではなかった!

学校でも習った『世界一大きなカルデラ』の阿蘇山。よくよく調べてみると『世界最大』ではなかった。Wikipediaによると・・・

阿蘇カルデラはよく「世界一大きなカルデラ」と言われるが、実際にはインドネシアのトバカルデラ(長径約100km、短径約30km)が世界最大。

Wikipediaより

ダメじゃん!世界一じゃないのに、世界一を謳っていたら誇大広告じゃん!

インドネシアのドバ・カルデラ 出典:https://zipantravel.com/node/4319

熊本の阿蘇山のカルデラは日本一でもなかった!

『世界一大きなカルデラ』ではなかった熊本の阿蘇山。「さすがに日本では1位だろう」と思い、調べてみた。Googleで検索してみると

阿蘇カルデラは日本一や世界一とよく言われていますが、実は、大きさでは日本一 ではありません。北海道にある屈斜路カルデラが日本一の大きさです。

火山学者に聞いてみよう -トピック編-

え?世界一でも日本一でもないの?余計にダメじゃん!

北海道 屈斜路湖 出典:http://inakaseikatsu.blog.so-net.ne.jp/2013-04-30

 

熊本県が誇大広告をしているの?

結局調べてみると阿蘇山は日本で2番めに大きなカルデラだった。でもなぜ『世界一大きなカルデラ』と勘違いされたのか?官公庁が『世界一』と発表していたのか?

熊本県の観光教会サイトでは

阿蘇は世界最大級のカルデラ火山として有名ですが、植物の宝庫でもあり、阿蘇の多様な環境の中で1500種以上記録されています。およそ15万年前中国大陸と陸続きであったころに移動してきた植物や、北方から南下してきた植物等も確認されています。5月下旬~6月上旬頃になると、阿蘇山上一帯は30万本のミヤマキリシマの花でピンク色に染まります。

熊本県観光サイト『なごみ紀行』より

おお!「阿蘇は世界最大級のカルデラ火山」と書かれていて『世界一大きいカルデラ』とは書いていない!

 

念のためもう一つ調べてみると

阿蘇ジオパークの公式サイトでは

世界有数の巨大カルデラ

阿蘇カルデラは、東西18km、南北が25kmと世界でも有数の規模を誇っている。このカルデラは、九州中・北部を覆い尽くす4回にわたる巨大火砕流噴火の結果生じたものである。4回の巨大噴火は、約27万年前から約9万年前の間に起っている。それらの火砕流堆積物は、現在侵食を免れて残っているものだけで、総計175km3に及んでいる。カルデラ内には約5万人の人々が火山と共に生活しており、カルデラ周辺には人々の手により、千年以上に及ぶとされる採草と野焼きによって維持されている広大な草原が広がる。さらに、カルデラの内側には、中央火口丘群として、海抜高度1,000~1,600mに多様な火山体が見られる。特に、その中央には現在も活動を続けている中岳の火口を見ることができる。これらの織りなすカルデラとその周辺の景観は、その形の美しさに加えて、人々の生活が築き上げた牧歌的風景と相まって、国内はもとより世界的にみても、きわめてすばらしい火山景観を形成している。

阿蘇ジオパーク協議会 阿蘇ジオパーク協会より

おお!こちらでも『世界有数の巨大カルデラ』や『世界でも有数の規模を誇っている』と書かれている!なるほど!確かに『世界一』や『世界最大』とは明言しておらず、『世界最大級』とされている。熊本県の官公庁は『世界最大』や『世界一大きいカルデラ』とは発表していないんだな。熊本県は悪くない!熊本県は誇大広告はしていない!

出典:阿蘇ジオパーク協議会 阿蘇ジオパーク協会

なぜ『世界一大きいカルデラ』と勘違いされたの?

熊本県は「阿蘇は『世界一大きいカルデラ』」と発表していないのに、なぜ日本中で「阿蘇は世界一大きなカルデラ」と勘違いされたのか?

調べてみると1981年に「阿蘇火山 世界一のカルデラ」という本が出版されている。この題名が勘違いに影響した可能性もある。

そして、さらに調べてみると、実は阿蘇は世界的に見ても特殊な状況のカルデラのようだ。Wikipediaによると・・・

阿蘇カルデラのようなじょうご型カルデラで、カルデラの内側に安定した集落を形成し、広く農地開墾が行なわれ、国道や鉄道まで敷設されている例は、世界的にも珍しい。

Wikipediaより

つまり、『人がカルデラの内側に住み、国道や鉄道が走っているカルデラとしては世界一の珍しさ』ということなのだ。これがうまく伝わらず、『世界一大きいカルデラ』として勘違いされたのではないだろうか。

出典:http://kumamoto.photo/archives/

いろいろ調べてみると面白いことが判明する。熊本が誇るランドマークであり観光スポットでもある阿蘇山のカルデラだが、『世界一大きいカルデラ』ではなかったが『世界一のカルデラ』であることは間違いなかった。そんな世界一のカルデラをじっくり観光するのも悪くない。ゆったりと大自然に囲まれて癒される旅はしてみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! してください。

Twitter で

スポンサードリンンク

スポンサードリンク



スポンサードリンンク

スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

知識, 行政/産業, , , , , , ,

Topへ