【熊本グルメ】“牛肉ガッツリ”『肉肉丼』メガサイズ「完食無料」にチャレンジ!!九州自動車道サービスエリア(宮原上り)で@八代郡氷川町

はじめまして!今回からくまきゅーでフォトライターをさせていただくことになったサラミです!くまきゅー では少ない女性ライターです。

ということで記念すべき第一回目は・・・

牛肉たーっぷり山盛りの丼ぶりごはんが、制限時間以内で完食できれば無料に!というウワサを聞きつけて、くまきゅー編集長の中野氏を連れて、いざ、宮原サービスエリア上り線にあるレストラン、食事処三南(みなみ)へ。

チャレンジは中野氏に(チャレンジ失敗の場合のお支払いも笑)頑張っていただき、私はただただ、その“牛肉マウンテン”を見てみたい……今回は、そんな魂胆です!

食事処三南オリジナルメニュー、その名もズバリ、『肉肉丼』。
単なる「大食いメニュー」というわけではありません。ごはんと牛肉の間に敷き詰められるキャベツや、脇に添えられるプチトマト、そして、牛肉にトロっとかけられるガーリック風味の甘タレなど、牛肉の引き立て役も好相性。ごはんと一緒に、最後まで味わって食べ尽くされることを計算された、絶妙な仕上がり。素敵です。

果たして。中野氏のチャレンジは如何に……。

6段階のサイズから選べる『肉肉丼』

チャレンジ対象メニュー

「完食無料」の対象は、サイズでは5段階目のメガサイズ(制限時間30分以内)と、その上位に君臨するギガサイズ(同60分以内)です。

今回、中野氏に挑戦してもらったのは、メガサイズ。牛肉、ごはん、その他もろもろを合わせた総重量は、約2.3キロとのこと。ちなみに、時間内に食べきれなかった場合は、正規料金6,600円のお支払いが待っています。頑張れ、中野氏!

ちなみに『肉肉丼』のサイズ段階は以下の通り。

牛肉量 総重量 価格(税込)
ノーマルサイズ 100g 約350g 1,080円
ビッグサイズ 150g 約530g 1,580円
ダブルサイズ 200g 約700g 1,980円
トリプルサイズ 400g 約1,000g 2,880円
メガサイズ ≪チャレンジ対象≫ 1,000g 約2,300g 6,600円
ギガサイズ ≪チャレンジ対象≫ 1,500g 約4,000g 8,800円

 

スポンサードリンク

サイズ比較

サイズ表をご覧のように、『肉肉丼』は、チャレンジメニューだけでなく、おなかの空き具合でサイズを選びましょう。今日の私はノーマルサイズをオーダー。
このあと、食べたいデザートがたくさん控えているんですもの。

写真の左が、私がオーダーしたノーマルサイズで、右がメガサイズ。並べてみると、差は歴然。

ノーマルサイズでも、ちゃんと山のような盛り付け♪
メガサイズに比べたら、山でなく、丘なのかもしれませんけれど。

 

スポンサードリンク

完食!?

「朝ごはんを抜いてきた」。余裕の中野氏。

やってのけました。

タイマーが残り2分半を指し示す頃、丼ぶりの底が見えている!残ったごはん粒をかき集めている! うわー、あと少し!

そして、決して楽な戦いではなかったはずですが、見事、完食(無料)を勝ち取った中野氏。

『肉肉丼』は、先月後半から始まったチャレンジメニューで、未だ完食成功者はいないとのこと。

ということは、中野氏が成功第1号!?

記念写真を撮り忘れました。中野氏、ごめんなさい。

 

辛いタイピーエンにもチャレンジ

スポンサードリンク

真っ赤な太平燕

「食後のスープを!」と調子に乗った中野氏は、同レストランで話題加熱中の『辛平燕(カラピーエン)』の一番辛いレシピを追加オーダー。

『辛平燕』はその名の通り(?)、熊本の伝統料理のひとつである太平燕(タイピーエン)に辛さを加えたオリジナルメニューです。

その最高レベルの辛さ、通称“自己責任”と呼ばれるレシピのみ、15分以内の完食で無料になるチャレンジが用意されています。
辛平燕メニュー

運ばれてきた『辛平燕』を見て、驚愕。太平燕の原型をとどめていない……。
香りを嗅ぐために、器に顔を近付けすぎるのも危険!
わ、私、今日は、遠慮します!!

 

スポンサードリンク

リピーター続出

 

『辛平燕』は、メディアでもたくさん取り上げられているようで、かなりの注文があるようです。もちろん、辛さは段階的に選べるので、好みの辛さから試食していきましょう。女性は「辛いの大好き」という方も、実は多いですよね。リピーターが増えているのにも納得!

「実は一番辛い“自己責任”は、すでに完食無料に成功された方がいらっしゃるんですよ」と、不敵な笑みを浮かべるお店のスタッフさん。
どう見ても、「あなたには無理でしょうけどね」と、顔に書いてあるわ。

 

スポンサードリンク

惨敗!!

『肉肉丼』の(まさかの)成功で、自信を持ったのであろう中野氏。
意気揚々と食べ始めたものの……「あかん、あかんって!」「これは、あかん!」。

ほーら。予想通り、期待通りの撃沈。5~6口は、進んだでしょうか。
ペナルティとして、正規料金、1,800円はきっちり、中野氏の財布からお支払いをいただきます。

ちなみに、もちろん辛くない、普通の太平燕もあり、同レストランの人気・定番メニューのひとつらしいです。

 

気軽に入れる和食屋さん

スポンサードリンク

熊本・宮崎・鹿児島の味

宮原サービスエリア上り線内、フードコートに隣接する食事処三南。
チャレンジメニューが注目されがちですが、ちょうどココは宮崎・鹿児島→熊本の中間あたりの立地である特徴を生かし、本来は南九州三県(熊本、宮崎、鹿児島)の伝統料理をリーズナブルに提供する和食屋さんです。

家族連れでも、デートでも、一人でもふらっと……でも、気軽に入れる雰囲気ですよ。

 

まとめ

今回出逢えた、『肉肉丼』。
牛肉も最初は薄っぺらいかなー、と感じたのですが、一口頬張ると、口の中にじゅわーっと牛肉の旨味が広がり、しっかりとした食べ応え。確かに、ごはんが進みます。
ガッツリ気分の女性にも、ぜひおすすめしたい、上品で肉肉しい丼ぶりです。

宮原サービスエリア上り線はレストラン以外にも、宝探し気分が味わえるおみやげ屋さんや、日奈久竹輪をはじめ、ドライブ中につまめる軽食が並ぶ特設屋台など、長居してしまいそうな個性がいっぱい!

今度は女子仲間と一緒に、『辛平燕』にチャレンジしに来まーす。

 

≪店舗情報≫


お店の予約はこちらから

 

取材して写真撮ってこの記事を書いてくれたのは

サラミさん

 


お願いします!
いいね ! してください!!

Twitter で