熊本の高校生のためのキャリア教育ワークショップを早稲田大学生が開催@8/7,8/8

8月6日に一般社団法人みらいず設計Lab.が早稲田大学・大隈塾の学生たちとコラボし、阿蘇地域の高校生のためのに行ったキャリア教育ワークショップですが、熊本市内でも開催するそうです。

高校生の「やりたい」が見つかる!早稲田大学・大隈塾U-18 in 熊本

早稲田大学・大隈塾U-18とは

進路を考える時に必ず立ちはだかる壁があります。

それは「何がしたいかわからない」「自分が何に向いているのかわからない」「やりたいけど無理かな・・・」などの“わからない”や“不安“という壁です。

その壁はちょっとした勇気で乗り越えることができたり、社会の大人の姿を参考にすることで乗り越えることができる壁です。

しかし、日本の地方の高校生にとってその勇気やモデルとなる姿を見せてくれる人が少ないことが問題となっています。

この大隈塾U-18は、そういった高校生を救うために、実際に日本中で活躍している大人をお迎えし、その方のお話を聞いた上で、年齢の近い大学生が親身になって一人一人の悩みや性格、夢や希望などを聞きながら、一人一人の目標を考えるワークショップを行っています。

保護者の方々や周囲の人に相談しにくい事柄は、意外と初対面の人の方が話しやすかったりすることもあってか、日本中の多くの高校生がこのワークショップに参加し、新しい目標を見つけています。

スポンサードリンク

開催概要

  • 開催日時:2019年8月7日(水)、8月8日(木)
  • 開催場所:九州学院高等学校
  • 内容:第一部 ゲスト講師講義(60-90分)
  • 第二部 学生によるワークショップ(60分程度)
  • 第三部 大学生との交流会(30-60分)
  • 主催:一般社団法人みらいず設計Lab.

スポンサードリンク

当日のタイムスケジュール

  • 12:30~13:00 受付
  • 13:00~13:30 挨拶と説明
  • 13:30~14:30 ゲスト講演
  • 14:30~16:00 ワークショップ
  • 16:00~16:15 まとめ、発表
  • 16:15~16:45大学生との交流会(希望者のみ)
  • 16:50 終了

スポンサードリンク

ワークショップの内容

  1. セミナーを受けて感じたことを議論
  2. 自分の人生に活かることを議論
  3. 将来の目標設定と共有
  4. 自分の弱点の把握と共有
  5. 将来の目標からの逆算でスケジュール作成
  6. 目標に向けて明日から何ををするか?を決定
  7. 全員の前で発表

スポンサードリンク

8/7講演者:山田敏夫さんプロフィール

1982年熊本県生まれ。大学在学中、フランスへ留学しグッチ・パリ店で勤務。卒業後、ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社へ入社。2010年に東京ガールズコレクションの公式通販サイトを運営する株式会社ファッションウォーカー(現:株式会社ファッション・コ・ラボ)へ転職し、社長直轄の事業開発部にて、最先端のファッションビジネスを経験。2012年、ライフスタイルアクセント株式会社を設立。2014年中小企業基盤整備機構と日経BP社との連携事業「新ジャパンメイド企画」審査員に就任。2015年経済産業省「平成26年度製造基盤技術実態等調査事業(我が国繊維産地企業の商品開発・販路開拓の在り方に関する調査事業)」を受託。年間訪れるモノづくりの現場は100を超える。著書「ものがたりのあるものづくり(日経BP社:2018年)」

スポンサードリンク

8/8講演者:木藤亮太さんプロフィール

1975年生まれ。福岡県珂川町出身。 日南市油津商店街テナントミックスサポートマネージャー/株式会社油津応援団取締役まちづくりに関する企画・計 画、建築・ランドスケープ(造園)空間の計画・設計、市民参加型取り組みの企画・実践及びこれらに関わる諸調整などが専門。 子守唄の里五木の村づくり(2008年土木学会デザイン賞)、重要文化的景観「蕨野の棚田」、かなたけの里公園、古湯・熊の川温泉など。 九州芸術工科大学(現九大)、同大学院を出て14年間、株式会社エスティ環境設計研究所に勤務、5年間取締役を務める。 日南市が実施した全国公募により2013年7年1月より現職、宮崎県日南市へ移住 。

スポンサードリンク

熊本の高校生のために

確かに地方の高校生にとっては、キャリア選択や進路選択の時に参考になるモデルが非常に少ないですy。これは熊本に限ったことではないが、大人の姿や大人のマインドが高校生に伝わり、少しでも高校生の選択肢が増えれば彼らの人生も豊かになるはずだと感じました。

取材者&ライター

中野太助