令和直前!平成最後の昭和の日に昭和のオールドカーフェスティバルでレトロな車を堪能@三角

令和目前の2019年4月29日(月)、平成最後の昭和の日だ。

そんな記念すべき日に昭和のオールドカーが一斉に集まるイベントが熊本の三角で開催された。

車は詳しくないが、古い車は昔から好きなので、見に行ってみることに。

第7回オールドカーフェスティバルinみすみ

会場は三角港

会場は三角港の海のピラミッドの辺り一帯で開催されていた。

会場では、飲食店出店ブースや

新車の展示会、

働く車の展示なども行われていたぞ。

ふわふわくまモンやポニーにフレあることができるスペースも。

さらには、熊本県立小川工業高校の電気自動車も展示されてたぞ。

これ、乾電池で走るんだって!!

さらには、世界遺産クルーズまで実施していた!!

他にもフリーマーケットスペースや舞台ではバンド演奏や長渕剛や矢沢永吉のモノマネショーなどもされていたぞ。

このバイクも結構古そうだ。

フリーマーケットでは車の部品が売られてたりしてたぞ!

アクセスマップはこちら

 

公式Facebookはこちら

スポンサードリンク

エントリーカー

エントリーしていた車はなんと200台!

見たことある車から、見たことがない車まで。

スポーツカーからトラックや三輪車まで。

古い物好きにはたまらない空間だったぞ。

以下に展示されていたオールドカーを紹介していく!

僕が一番かっこいいと思った車

車の詳しいことは全くわからないが、見た目で一番かっこいいなと思った車は4台あった。

「それ一番ちゃうやけんけ!」と言われそうだが、

絞りきれなかった・・・

1台目はこれ。

四角いフォルムで小さくて可愛い感じでシートが赤色。

これを運転してみたいと思った。

2台目はこれ。

やっぱり小さいけどワゴンで四角い。

ボロボロ感がすっごくおしゃれ。

みんなでわいわい言いながら小旅行とかに行ってみたい。

3台目はこれ。

これは僕が小さい頃よく見かけた感じの車。

やっぱり小さくて四角くて可愛い感じが好きなのかも。

4台目はこれ。

4台目というか、一番好きなのはこれかもしれない。

これは街中で乗っていたらかっこいいだろうな。

海にも街にも山にも合いそうな感じ。

欲しい!!!

あいにくの雨だったがすごく楽しめた!

今回はあいにくの雨だったし、車のことは詳しくないが、古い車は見た目がすごくセンスがいい車が多く、「かっこいいなぁ」と感じるデザインのものが多いので、すごく楽しめた!

見ている間に、「次に買う車はこういう車がいいなぁ」と感じたが、きっと購入費もすごく高いだろうし、何と言ってもメンテナンス費がすごく高いんだろうなと・・・

まずはバリバリ働いて稼がなきゃ!!!

来年までにお金貯まるかな・・・

貯まらないだろうな・・・

取材者&ライター

中野太助