漫画家の卵に朗報!北斗の拳やシティーハンターなどで有名な出版社が熊本に編集部を設立!

熊本にまた日本初の世界的な革命を起こしそうな会社がやってきた!

その会社は東京に本社を置く株式会社コアミックスという会社だ。『北斗の拳』や『シティーハンター』などの漫画を出版している会社なのだが、そんなすごい会社が熊本に新会社を設立して、編集部を熊本に設置したのだ。

そんな会社の設立パーティーに参加してきたのでご紹介!

漫画原稿持ち込みができる編集部が熊本に開設

株式会社コアミックスとは

東京都武蔵野市吉祥寺に本社を持つ漫画の出版社だ。「月刊コミックゼノン」などを発行し、『北斗の拳』の原 哲夫さんや『シティーハンター』の北条 司さんもこの会社の設立者でもある。
『森の戦士ボノロン』等の絵本の出版にも参入しており、セブン-イレブンににて無料配布している。
2012年からは、国際漫画賞「サイレントマンガオーディション」を開催し、世界中から広くサイレント漫画を募集している。この「サイレントマンガオーディション」は若手漫画家のデビューへの登竜門として有名だ。

 

スポンサードリンク

「コアミックスまんがラボ」とは

そんな株式会社コアミックスが熊本に子会社を作って設立したのが、「コアミックスまんがラボ」だ。

コアミックスの漫画編集部と双方向通信でつながった出張編集部施設という形で「コアミックス まんがラボ」を10月31日、熊本の鶴屋百貨店WING館7階にオープンした。

熊本に居ながらにして、東京の編集部に持ち込みができる【漫画家への入り口】だ。ラボ内には大型モニターが設置され、距離を感じることなく本物の編集者と打ち合わせがでる。

漫画制作に必要な画材、PC&タブレット、資料などは自由に利用できるのも魅力。プロの漫画家や各界の著名人による講演や特別授業など、漫画家志望の方にとってためになるイベントも数多く展開していくとのことだ。

 

スポンサードリンク

「漫画家の卵を取り巻く環境に革命を起こしたかった」

どうして熊本に開設したのかが気になったので、担当者に直撃してみたぞ!

「漫画家の卵を取り巻く環境に革命を起こしたかった」と語る担当者

若者の地元志向が高くなっている昨今、私たちは漫画出版社として東京で才能が集まるのを待つのではなく、自ら地方に出向いて才能を発掘し育成し漫画家としてデビューさせます。

ネットでの原稿投稿が容易になっている時代だからこそ、漫画家と編集者によるface to faceの質の高い漫画づくりを目指せる「第二の漫画編集部」を熊本に置き、九州全域の若い漫画家志望者が原稿持ち込みに来やすい環境をつくります。

漫画を読む楽しさ、描く楽しさを小さな子供の頃から体感し、才能を開花させ、漫画家を目指すきっかけをつくれるような「場」をつくります。

今まで東京にしか編集社や編集部がなかったため、漫画家の卵たちは地方からわざわざ東京まで出かけて原稿を持ち込まなければならなかった。必然的に、東京近郊の漫画家の卵たちには有利だが、地方から持ち込むには以上時間もお金もたくさんかかる。

しかも、漫画家の卵たちが原稿を持ち込むのは、小学生から大学生と幅広い年代の人たちが夢を叶えるために日々切磋琢磨している。

かの有名な「ちびまる子ちゃん」の作家さんも小学生の頃から何度も東京の出版社に原稿を持ち込んで、腕を磨いていったそうだ。

何度も原稿を持ち込める人はデビューにも近づけることができるが、地方の人は何回も東京まで原稿を持ち込むのはなかなかできない。

つまり、東京近郊の人が有利で地方の人には不利になるのだ。

今回、熊本に編集部を作ることで、九州地方の漫画家の卵たちが原稿を持ち込みやすくなり、デビューに向けての努力がしやすくなるのだ。

しかも、この試みは日本初の試みで、今後地方からの漫画家が増える革命になるかもしれないのだ。

 

スポンサードリンク

株式会社熊本コアミックスの設立パーティーに参加

鶴屋東館の7階のホールにて設立パーティー

こういう会社設立パーティーは初めてなのでドキドキ・・・

株式会社熊本コアミックスの代表取締役 社長の持田さんのご挨拶から

上記でも記載したが、熊本からプロの漫画家を出すべく、ここから世界へ羽ばたいていけるような場所にしたいという想いを語られていた。

乾杯!

しばらく歓談の後、東京の株式会社コアミックスの代表取締役 社長の堀江さんの進行で、特別な動画を見せていただくことに。

漫画の可能性や「熊本から日本へではなく、世界に羽ばたいて欲しい」「それはこれから可能なんだ」という熱いお話を聞かせていただいた。

堀江社長から色々なお話を聞かせていただき、特別な動画を見せていただいのだが・・・

実はまだ制作発表も行っていない極秘プロジェクトとのことで、ここでの紹介はできないのが残念

 

 

しかし、他の情報をGetしてきたぞ!

東京のコアミックス社長の堀江さんは熊本出身だそうだ。ちなみに、この堀江社長、北斗の拳の作者の原哲夫さんの担当編集者として「お前はもう死んでいる」というセリフを生み出した張本人だそうだ。

え?知ってた?・・・

 

スポンサードリンク

コアミックスまんがラボに行ってみよう

話が脱線してしまったが、色々な縁とビジョンがあって熊本に設立されたコアミックスまんがラボ。

ここから新しい人材がどんどんプロの漫画家になり、世界中に羽ばたいていく。また世界中から漫画家の卵が熊本にやってくる。そういう未来が見えるのは私だけだろうか?

漫画家になりたい人はもちろん、少しだけ興味あるという人もぜひこの施設を見学しに行ってもらいたい。

本物の漫画家の空気に触れることができる素晴らしい場所だぞ!

 

≪施設情報≫

名称:コアミックスまんがラボ

住所:鶴屋WING館7階(熊本県熊本市中央区手取本町5-7)

TEL:096-353-3300

会社:株式会社熊本コアミックス

 

アクセスマップはこちら

 

公式HPはこちら

 

≪会社情報≫

  • 名称:株式会社コアミックス
  • 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町 1-9-9 吉祥寺じぞうビル
  • 事業内容:漫画雑誌編集、アニメーション制作、キャラクター事業、版権事業、ネット販売事業など。

 

公式HPはこちら

 

取材者&ライター

中野太助

お願いします!
いいね ! してください!!

Twitter で

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。