熊本観光・熊本旅行・熊本在住の方に役立つ地元のディープな情報をてれーっとお届け!

イベント 音楽

美しすぎるJAZZピアニストで話題の高木里代子さんと「そうだ京都行こう」のトランペッター島裕介さんが熊本で濃厚ライブ!

2017年10月30日


最近、バラエティ番組などに引っ張りだこのセクシージャズピアニストの高木里代子さんと、CM「そうだ京都行こう」の音楽演奏を担当した島裕介さんのライブが10月16日(月)に熊本で行われた。

スポンサードリンク

島裕介・高木里代子DUO熊本LIVE

ライブが行われたのはCIB

ライブが行われたのは、熊本市中央区花畑町になるRestaurant Bar CIBだ。CIBと書いて「キーブ」と読む。

おしゃれなライブハウス一体型のレストランバーだ。

普段は主にジャズの演奏が多いそうだが、幅広いミュージシャンのライブが行われている。

■information

・住所:熊本市花畑町11-20 水田ビル1F
・TEL:096-355-6266
・営業時間:PM8:00〜AM5:00
・Charge:¥500
・席数:57席カウンター 9席 テーブル48席)
・カード:可
・タバコ:全面喫煙可
・駐車場:なし

 

高木里代子って誰?

最近、日本テレビ系「有吉反省会」などのバラエティ番組や情報番組に引っ張りだこ状態で出演中のジャズピアニストだ。”美しすぎるジャズピアニスト”として一躍脚光を浴びている。

一般に広く注目され始めたのは2015年の東京JAZZというジャズフェスティバル。この時、高木さんはなんとビキニ姿で演奏し、会場と日本のJAZZ界に衝撃を与えた。それもそのはず超絶美人でありながらナイスボディな上にピアノ演奏が凄腕なのだ!

「セクシーさだけがウリ」と一般の人は感じているようだが、なんのその!高木里代子さんのピアノの腕前は本物だ。

4歳からピアノを始め、大学在学中から都内のライブハウスやクラブなどで演奏を始める。ジャズをベースにジャンルにとらわれないサウンド感と即興性が彼女の特徴。

2014年にはモントルーJAZZフェスティバルジャパンコンペに参加、セミファイナルまで進出。

ダイナースクラブが主催する動画コンテストでは人気投票1位によりブルーノートへ出演。さらに世界的ギタリストのリーリトナー氏Crystal Kay氏、その他ビッグアーティスト達との共演を果たす。

この時のBLUE NOTE出演のステージにて、リーリトナー本人から認められ、彼が主催するコンペ、6 string theoryへの出場権を得て挑戦。各国からの強力な挑戦者を見事抑え、ピアノ部門世界第4位に入賞。

2015年1月、高木里代子さん初ソロアルバム「Salone」が、リリース後、まもなくハイレゾ配信サイト『e-onkyo music』の総合チャート、JAZZチャート共にランキング1位を記録。

さらに同年9月に東京JAZZへビキニで出演し注目を集める。

現在は、全国各所でライブを中心に活動、DJとコラボレーションしたクラブ系ハウスユニット「Inner City Jam Orchestra」のキーボード奏者としても活躍中。

 

いかがだろうか?
ただEカップでセクシーなだけのピアニストではないのだ!
世界4位の腕前を持ち、世界的なジャズコンペの準決勝まで勝ち進むだけの技術を持ったジャズピアニストなのだ!

おっぱいばかり見ているそこの男子!シバかれるぞ(笑)

 

島裕介って誰?

島裕介さんもすごいジャズトランペッターなのだ。まず演奏できる楽器が多彩!トランペットはもちろん、フリューゲルホーンに加えてフルートまでも演奏するのだ。トランペット・フリューゲルホーンまでは演奏する人も見たことがあるが、フルートまでプロレベルで演奏できる人は見たことがない。島さんご本人も「きっと日本では僕だけじゃないかな?」とさらりと話されていた。

そんな島さんも有名な経歴を持っている。
一般的に有名なのは、CM「そうだ京都行こう」の音楽演奏を担当されていたりしている。

大阪生まれの東京育ちで、中学校からトランペットを始め、高校からジャズのアドリブソロに目覚める。慶應義塾大学の大学院を卒業後、一度就職するが退職し2002年から本格的にプロ活動を開始。これまでに400タイトルもの多数のアルバム制作に参加している。

FujiRock07にも出演し、全国タワーレコードのJAZZチャート1位を獲得したり、itunesの
2010年・年間ジャズ部門でも1位を獲得した経験も持っている。

現在は、国内・海外を含め数十都市のツアーを定期的に行い、シンプルな編成で、自身のルーツでもあるジャズスタンダードをストレートに演奏している。また、「等々力ジャズレコード」を主宰し、日本人ならではのジャズ作品をリリースし続けている。

 

メローで大人なJAZZライブ

そんなすごい二人が熊本でライブしてくれたのだ。

ここからは当日のライブ画像をお届け!

ジャズの王道の名曲「酒とバラの日々」からスタート

島さんのトランペットが歌う!歌う!

合間でのトークも面白い!

やっぱり美人だ・・・

島さんのお茶目なトークも炸裂!

やっぱり高木さんのピアノにはグルーブ感がある!

島さんのフリューゲルホーン

トランペットより優しい音が心地よい

お客さんも聞き入ってる!

ハイトーンもガンガンですごい!

今回、高木里代子さんは熊本初上陸だそうだ。

というか九州初上陸だそうだ。

この時に演奏されていた「オレンジの衝動」という曲がすごくかっこよかった!大好きな曲だ!

高木里代子さんのオリジナルだそうだ。

やっぱりピアノを弾く姿が美しい

途中のトークで、知ったのだが、お姉さんは写真家だそうだ。

そのお姉さんと作ったアルバムもあるそうだ。

やっぱり島さんのトランペットは情景が目に浮かぶんよなぁ。

ライブは終始和やかな雰囲気で進んでいったぞ。

笑顔もやっぱり綺麗だな・・・

最後は、アンコールも入って大盛況だった!

お客さんも最後まで大きな拍手でお見送りしていたぞ!

会場にはCDも販売されていた。

こちらは島裕介さんのCDだ。

購入者にはサインと写真撮影もされていたぞ。

こちらは高木里代子さんのCDとDVD。

高木さんもサインや写真撮影をされていたぞ!

 

まとめ

実は、私も大学時代ジャズをしていて、コンテストに出たり、ライブをしたり、結婚式やお祭りでカラオケの代わりに演奏したりしていた。その経験もあってか、ジャズが大好きだ。そんなこともあり、今回の取材はすごく楽しく進めさせていただいた。

高木里代子さんは、セクシーさばかり注目されているが、彼女のピアノは力強くもあり繊細でもあり、さらにグルーヴ感がすごいのだ。クラブミュージックも演奏されていることもあるのかもしれないが、彼女のジャズ感が私は大好きだ。きっとキーボードの演奏より生のピアノ演奏の方が彼女の良さが出ているのではないかと素人ながら勝手に感じた次第だ。

島祐介さんの演奏は、楽器というイメージを払拭してくれる演奏方法だと感じた。歌を歌っているような感じで、時にはしっとり、時にはパワフルに、その曲に合わせた情景が目に浮かぶような演奏だった。彼の演奏もすっごく好きだなぁ。癖になりそうだ。

 

■information【島裕介さん情報】

公式サイト:http://www.k5.dion.ne.jp/~ssduo/shima/
FAcebook:https://www.facebook.com/yshima3
Twitter:https://twitter.com/Shima_Yusuke

機会があれば、高木里代子さん、島祐介さんのライブを聴いてもらいたい。
そして、お二人にはまた熊本で演奏してもらいたい!



お願いします!
いいね ! してください!!

Twitter で

スポンサードリンンク

スポンサードリンク


スポンサードリンンク

スポンサードリンク


CATEGORIES & TAGS

イベント, 音楽, , , , , , , , , , , , ,

Topへ