「熊本県地域おこし協力隊 OB・OG ネットワーク」立ち上げに向けた勉強会兼交流会が開催

2019年7月23日(火)、ホテル熊本テルサ2階「ひばり」にて「熊本県地域おこし協力隊 OB・OG ネットワーク」の立ち上げに向けた勉強会と交流会が開催された。

「熊本県地域おこし協力隊 OB・OG ネットワーク」立ち上げ

講演

『岡山県での OB・OG 組織について』:藤井 裕也 氏
NPO 法人山村エンタープライズ 代表理事/岡山県地域おこし協力隊ネットワーク 代表/ローカルエンタープライズ 代表取締役

2011年4月初めて岡山県美作市における地域おこし協力隊に着任して以降、集落支援、若者支援を中心に同県での幅広い活動に従事。
県単位の地域おこし協力隊OB・OGネットワークのモデルケースとなる「一般社団法人岡山県地域おこし協力隊ネットワーク」の発足経緯やポイントを紹介。

スポンサードリンク

発足経緯

1
2016年3月「地域おこし協力隊が拓くフロンティア」開催
県内の協力隊OB・OGのキーマン10名程度が集め、現役隊員に対し自らの経験を共有。優良人材の地域定住促進に向け、受け入れ先の構築体制、およびOB・OGの役割を意見交換。
2
2016年4月 第1回「岡山県地域おこし協力隊ネットワーク」会議
岡山県と岡山県内の地域おこし協力隊OB・OG、協力隊支援に興味のあるメンバーにて、ワークショップを実施。協力隊導入から任期までの課題を洗い出す。
3
2016年6月 第2回「岡山県地域おこし協力隊ネットワーク」会議
協力隊の意見を反映した提言づくりと、担い手となるネットワークの組織化を県に報告。
4
2016年7月「岡山県地域おこし協力隊ネットワーク」設立
県下 13 名による理事会と、各種事業を担うネットワーク組織を仕分け。
5
2018年~法人化 「一般社団法人岡山県地域おこし協力隊ネットワーク」発足。
組織を理事会・事務局・アライアンスメンバーに分類し、各事業の推進体勢を整備。

勉強会に併せて、参加者による意見交換を実施され、参加者からは、熊本県内での地域おこし協力隊OB・OGネットワーク立ち上げへの期待が寄せられた。