熊本観光・熊本旅行・熊本在住の方に役立つ地元のディープな情報をてれーっとお届け!

旅行/観光

阿蘇山噴火も旅行には影響なし!観光客も戻ってきてるぞ!安心して熊本においで!

スポンサードリンク

P1050210

2016年10月8日の午前1時46分ごろ、熊本県の阿蘇山で36年ぶりに大きな規模の噴火が起きた。気象庁は噴火警戒レベルを3(入山規制)と発表し、火口から2キロの範囲で噴石の警戒を呼びかけた。気象庁は初め、今回の噴火による火山灰が兵庫県まで到達するという発表をしていたが、後日確認されたのは、熊本県、大分県、愛媛県、香川県の4県だけだった。

 

阿蘇山噴火、実際のところ、影響はどうなの?

熊本県内の影響

熊本県内の影響を見ても、阿蘇地方の一部で大量の火山灰が降ったり停電があったものの、熊本市や他の自治体にはほとんど影響は出なかった。

 

ネットの反応

今も阿蘇山は入山規制なの?

asofunkamap

今も気象庁は噴火警戒レベルを3のままの入山規制にしている。しかし、入山規制がかかっているのは火口から2キロの範囲だけだ。その他の熊本県内は全域安全だし、阿蘇のほとんどの地域も安全で生活にも問題はないし、観光にも問題は全くないのだ。

阿蘇山の噴火警戒レベルと火口からの距離がわかるMAP(地図)があるので下記にリンクを貼っておく。阿蘇観光の参考にしていただければ幸いだ。

http://www.city.aso.kumamoto.jp/files/uploads/2015/02/akg_a3_rf_omt_cs4_ol1.pdf

 

阿蘇には観光に行けないの?

P1050210

上記でも述べたが、阿蘇に観光に行っても何も問題はない。現に、地元新聞も観光客が戻ってきている様子を報道している。参考までにその記事へのリンクも貼っておく。

熊本日日新聞ーhttps://kumanichi.com/news/local/main/20161010003.xhtml

西日本新聞ーhttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/280899

まとめ

◆10月8日に36年ぶりに阿蘇山が激しく噴火

◆気象庁が噴火警戒レベルを3と発表

◆火山灰の影響で一時停電と電車が運休

◆翌日には路上の火山灰も除去できたとして道路も通行可能に

◆熊本県内全域で大きな影響は全く出ていない

◆入山規制は続いている

◆行けないのは火口から2キロだけ

◆その他の観光地は全て旅行可能

今年は地震もあり大雨もあり、そして、やっと台風が外れたと思った矢先の阿蘇山噴火だ。阿蘇や熊本の観光関係の人は今後の風評被害を本当に危惧している。しかし、実際に熊本に住んでいて感じるのは、火山灰や噴火の影響は全く出てないのに、親戚や友人からかかってくる電話やメールにびっくりしているくらいだ。熊本の現状と全国の報道ではギャップがあるようだ。

できるだけ多くの人に熊本の現状を知ってもらい、安心して熊本に遊びにお越しいただければ幸いだ。皆様、ぜひ熊本にお越しいただき、阿蘇の広大な景色と美味しいものを楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね ! してください。

Twitter で

スポンサードリンンク

スポンサードリンク

スポンサードリンンク

スポンサードリンク

CATEGORIES & TAGS

旅行/観光, , , , , , , , , ,

Topへ