熊本観光・熊本旅行・熊本在住に役立つ地元のディープな情報をてれーっとお届け!

くまきゅー:熊本観光・グルメ・レジャー・イベント・地元密着情報メディア

今日の方言『かんなし』【どぎゃん言うと?熊本弁講座】

      2016/07/11

スポンサードリンク


kannashi

どぎゃん言うと?熊本弁・方言講座

今日の方言・熊本弁は『かんなし』

今日の熊本弁は意味を聞けば「ああ、なるほど!」となるのだが、初めて聞いた人にはさっぱりだと思う。

 

 

使い方

「かんなしにでけんよ!」

「かんなし突っ込んだろ?」

 

 

関西弁で言うと

「テキトーにすんな!」

「テキトーに突っ込んだやろ?」

 

標準語

「考えなしにしてはいけません」

「考えもしないで無理やり突っ込んだでしょ?」

 

意味

限度を知らない / 手加減しない / 考えなしで / 適当に

 

語源

語源はセンスや感覚という意味の「勘」という言葉だろう。

 

エピソード

初めて聞いた時は、全く意味が分からなかったが、今から思うと、考え深い方言だ。「勘」という概念を使うところがすごく面白い。何かの作業に対して「勘がない」と言う文化がある。つまり、「センス」がないと言われているのだ。これはすごく現代的な感覚だし、今でも若い人も「センスがない」という言葉を使っている。古くて新しい熊本弁。おもしろい。

 

※紹介中の熊本弁は古いものも含まれています。ご了承ください。

※例文や関西弁バージョンには他の言い回しもあります。あしからず。

 

その他の熊本弁まとめ

以下のページでその他の熊本弁もご覧いただけます!

ぜひ、ご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://kumaque.com/category/kumamoto-dialect/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Topへ