熊本観光・熊本旅行・熊本在住に役立つ地元のディープな情報をてれーっとお届け!

くまきゅー:熊本観光・グルメ・レジャー・イベント・地元密着情報メディア

晩白柚(ばんぺいゆ)の食べ方・むき方・選び方・皮レシピ。熊本県八代名産の世界一の柑橘類果物が万能すぎる!

      2016/02/24

スポンサードリンク


晩白柚熊本八代名産

晩白柚という柑橘類があるのを皆さんはご存知だろうか?晩白柚と書いて「ばんぺいゆ」と読む。娘は「ばんぺいゆ」と聞いて『黒川温泉とかのお湯屋さんの名前?』と言っていたが、温泉の名前でもない。柑橘類の果物だ。晩白柚はザボン(文旦)の一種で、世界最大級の柑橘類だ。その晩白柚は熊本県八代市の名産なのだ。

 

晩白柚の食べ方・むき方・切り方・皮レシピ・選び方

晩白柚熊本県八代市名産02

晩白柚とは

晩白柚熊本県八代市名産03

晩白柚とは、柑橘類のひとつで、ミカン科であるザボン(文旦)の一品種。学名は Citrus maxima ‘Banpeiyu’。名前の由来は、生(成熟が遅い)であること、果肉がいこと、漢字で柑橘類を表すで、晩白柚となったそうだ。

 

晩白柚の原産地

晩白柚熊本県八代市名産04出典:ひげ爺さんのお散歩日記

原産地はマレ-半島で、柑橘類では世界最大とも言われおり、大きさは直径20~25cm、重さは1.5~3kgほどの重さにもなるそうだ。この重さでギネスに認定されたこともあるそうだ。熊本県八代市川田町東、園田清治さんのハウスで作られた晩白柚が、重さ4,858g 、直径26cmで通常の2倍程の大きさだったそうだ。バスケットボールより少し大きいくらいの大きさだそうだ。

 

晩白柚の歴史

晩白柚熊本県八代市名産05出典:『元気通信』養命酒製造

1920(大正9)年、台湾総督府に勤務していた熊本県の植物学者である島田弥市がベトナムの船上で食べた柑橘が美味しく感動したので、サイゴンの植物園に頼み込んで苗を分けてもらったのが晩白柚だった。晩白柚の苗を分けてもらったのだが、当時は栽培方法もわからず普及には至らなかった。しかし、15年後、再び島田氏の故郷である熊本県の果実試験場で研究や調査を再開し、結果、熊本県八代市の風土が晩白柚の栽培に適しているということがわかり、その後、熊本県の柑橘奨励品種として八代地方だけでの栽培を奨励している柑橘類だそうだ。

 

晩白柚の特徴

晩白柚熊本県八代市名産06出典:★ ビタちゃんハーレム♪ ★

晩白柚は皮がかなり分厚いのが最大の特徴。内側には白い柔らかい綿のような部分があり、果肉に到達するまでは結構かかるので、外側の大きさと比較すると中の身は小さく感じる。しかし、中身の果肉だけでもグレープフルーツ1個よりも大きい。

味は甘すぎない程度の糖度12度前後で、酸味も穏やかだ。柑橘類独特の食後に残る嫌な苦味はほとんどな感じない。糖度も控えめなので、さっぱりとしていてあと引く美味しさだ。

果汁はビタミン類とクエン酸を多く含んでおり、消化を助け動脈硬化などの予防ができると言われている。皮の白い部分には、ペクチンが多く含まれ、整腸作用がある。また、この白い部分の苦味成分のナリンギンは血液をサラサラにしたり血管を強くする効果があると言われている。

 

晩白柚の主な産地と食べごろの旬

晩白柚熊本県八代市名産07出典:JAやつしろ果実選果場

晩白柚の主な産地は、全国の96%以上を生産している熊本県八代地方・八代市だ。鹿児島県や大分県でも作られているそうだが、なんといっても熊本県の八代地方と八代市が晩白柚の一番の産地だ。

晩白柚の収穫時期12月頃で、収穫した後、すぐに出荷せずビニールハウスで2週間ほど熟成させてから出荷される。食べごろの旬は1月~3月ごろだ。

 

晩白柚の選び方

晩白柚熊本県八代市名産08出典:eヘルシーレシピ

表面が滑らかで明るい色の物で、持ち上げてズシッと重たさを手に感じる晩白柚が中身の果肉が大きいことが多い。また、軽いものを選ぶと果肉のジューシーさが少なく、パサパサした晩白柚になることがあるので、ご注意を。表面もできるだけ滑らかな晩白柚の方がいい。ブツブツした晩白柚や色が明るくないものは、あまり美味しくないのでご注意を。

 

晩白柚の保存方法

晩白柚熊本県八代市名産09出典:Yahooショッピング

晩白柚は長持ちする柑橘類で、そのまま放置しておくだけでも1~2週間ほどは美味しく食べられる。さらに新聞紙などにくるんで暗い所で保存すればだいたい1ヶ月くらいは日持ちする。しかし、あまり温度が低い場所は苦手のようだ。長期間低温の場所に保管すると低音障害を起こして美味しくなくなるようだ。

 

晩白柚の皮の剥き方・切り方

  1. 上部果皮をナイフで切断
  2. 縦に八等分くらいの間隔で、中身を傷つけない程度の深さに切り込みを入れる。
  3. 果皮を一枚一枚手で剥いていく。
  4. 中身を取り出し、夏みかんと同じように、白い部分を取り除き、果肉だけする。
  5. あとは、中の薄皮を剥いて中の身だけを食べる。

 

晩白柚の皮の食べ方・レシピ

晩白柚熊本県八代市名産10出典:森の宿 野乃花[ののか] 森の宿日記

上記の動画を見ていただいた方はお気づきになられたかもしれないが、晩白柚は皮も食べれるのだ。捨ててはいけないぞ!晩白柚の皮の砂糖漬けやオレンジピールチョコならぬ晩白柚ピールチョコも絶品だ。以下にレシピをご紹介しておく。

■晩白柚のレシピ

 

晩白柚風呂

晩白柚熊本県八代市名産11出典:ごろっとやっちろ

晩白柚は万能すぎる!身である果肉を食べるのはもちろん、皮も食べれるし、捨てる所は殆ど無いのだ。そして、万能すぎる晩白柚は食べるだけではないのだ!

晩白柚熊本県八代市名産12出典:ごろっとやっちろ

なんとお風呂にも入れて楽しめるのだ。柚子のお風呂もいいが、晩白柚のお風呂も香りが良くてオススメだ。なにしろこの大きさなので、子どもたちも大興奮間違いなし。ぜひ、一度ご賞味あれ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Topへ